ITパスポートに合格すると、いろんな職業に就くのに有利なのですね。 特に、インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)系や事務などでは有利になるでしょう。 ITパスポート(一般旅券のほかに、公用旅券、外交旅券、緊急旅券があります)は、「ITの基礎知識を持っていることを証明する資格」のため、資格を持っているとパソコン業務に強いと見られる事が出来るのです。 ネット社会と言われる現代に必要な資格ですね。 最近では、どの企業やどの職業でも、大抵はITとの関係性があるものです。 それに、国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)なので、資格ランクが高く人気が集まっていると思います。 2009年から始まった試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)ですから、現在持っている方は少ないです。 そのため、持っていない方より、一歩有利なのではないでしょうか。 将来、就きたい職が見つかっていない方にも、お勧めの資格です。 取得していることで、就職の範囲も広がります。 IT系のプログラマーやシステムエンジニアには、入門となる資格といえるでしょう。 情報技術に関わる職やキャリアアップ(より高いスキルや能力を身につけたり、資格をとるなどして、自分の市場価値を高めることをいいます)を目指している方にも、これからは不可欠の資格になっていくと思います。 今後、どんどん有名になる資格ですので、将来を考える方はぜひ取得してくださいー